摂食障害の隠された闇は「歯がボロボロになること」

暮らし・時事

摂食障害の隠された闇は「歯がボロボロになること」

2020年7月12日

こんにちは。

20年間摂食障害を患って完治した私・U子が、未だに悩み続けているもの

それは…「虫歯」です。

 

私の症状は拒食と過食の繰り返し。でも80%は「過食嘔吐」でした。

そのせいで口の中は虫歯だらけ。2本の歯を失い、あと1本抜かないといけないかな…?と思われる歯が残っています。

もともと黄色みが強かった歯は全体的により暗い色になり(老化もあるかも)、

40歳を過ぎた今、改めてきちんと直したいなーという気持ちになっています。

 

この記事では、他にも同じような方はいるのだろうか、と思って調べたことをまとめます。

 

 

 

こちらもどうぞ


参考記事
摂食障害が治るきっかけとは? 3つの秘訣
摂食障害が治るきっかけとは? 3つの秘訣

自己肯定感を上げる 自己否定感が発症につながる 拒食症や過食症のはじまりのうちもっとも多いのはダイエットから。 友達からの心無いことばや家族が何気なく発した姉妹と比べるようなことば―ささいな一言が原因 ...

続きを見る


参考記事
摂食障害に20年悩んでやっと治った記憶を淡々と綴る①
摂食障害に20年悩んでやっと治った記憶を淡々と綴る

10代後半は思い出したくないけど記憶をたどってみる まずは不眠がきた 兆候 私は40代前半です。 10代後半の頃、不眠症になりました。   割と真面目な性質で、勉強もスポーツも学校の授業はま ...

続きを見る

-暮らし・時事

© 2021 人生挽回BLOG