摂食障害の方が抱えやすい歯の悩みまとめ

暮らし・時事

摂食障害の方が抱えやすい歯の悩みまとめ

2020年7月12日

拒食症や過食症などの摂食障害に悩んでいる方は意外とたくさんいます。

中でも嘔吐を伴う症状の場合、歯や口腔内へかかる負荷は相当なもの。。。

身近な人に相談するのがはばかられる内容なので余計に言いづらくて実際の数は潜在的にはものすごく多いはずです。

摂食障害でなくても妊娠中のつわりでお口の中が酸に触れる時間が長くなるときも同様です。私も妊娠中はずっと吐きまくっていたのでダブルパンチでした。。。

今回は摂食障害によって起こりうるお口のトラブルを、自分の経験からまとめてみました。

虫歯 (特に根本)

言うまでもないことですが虫歯の数がめっちゃ激増します。

特に歯の根元に虫歯ができやすいのは頻繁に吐く方に特徴的です。

私も初めて診てもらう歯医者さんにそのことを指摘されて「もしかして吐いたりすること多いですか?」と聞かれヒヤっとしました…

そのせいで行きづらくなって通うのやめちゃったのですが(←オイ。)

そういうところに細かに観察力がある歯医者さんは悪くないはずなのできちんと通っておくべきだったなあと思います。

黄ばみ・茶色・黒ずみ・変色

私の場合もともと生まれ持ってやや黄色みが強い歯をしているのですが、過食嘔吐がひどくなってからはさらに黄色が強くなりました。

もはや茶色や黒ずみ、というレベルです。

歯が抜ける or 抜歯された

私は今40代前半なのですが2本歯がありません。

後悔してもしきれないのですが、どんなに願っても2本はもう戻ってきません…

文句を言っても仕方がないのですが、昔の歯医者さんってやたらに抜歯したがりましたよね…?

昔はそれに疑問を抱かなかったのですがやたらに歯を抜くのはおかしいと思います。

私の無くなった2本の歯も、1本は仕方なかったと自分でも思うのですがもう1本は「抜かなくてもいいんじゃないのかな…」と正直思いながら治療してもらってました。素人が言ってもなーと思って口に出しませんでしたが出した方がほんとによかったよ…

抜いた後ですが、身体に異物を入れるのが嫌なのでインプラントを断固拒否しています。

(高いし)

他にいい治療法がないもんかなあ~歯科って絶対遅れてますよね。。。

現代医学を持ってしたらもっと周りの歯にも肉体にも負担をかけない方法があるはずなのに…と渋って抜けたままにしています。

私の場合抜歯をした際はすでにすべて親知らずを抜いてしまった後だったのですが、親知らずがまだある方は、他の歯が虫歯になって抜歯しなくてはならない時のために保存しておく方法もあるらしいので調べてみてくださいね。

歯並び

唯一褒められていたのは歯並びだけだったような気がするのですが、、、

ふと気が付いたらガタガタになってるんですよ(T_T)

こうなる前に気づけよ、て感じなのですが…

これは加齢によるものなのか、長年の嘔吐によるものなのかはわかりません。

特に下の歯の並び方が崩れていることと八重歯が倒れているのが気になります。

歯周病・口臭

虫歯が増えたり歯並びが悪くなることは歯周病や口臭の発生に直結します。

さらに嘔吐している期間は内臓にも負担がかかるので、口腔内の汚れから発する匂いと内臓の不調からくるニオイと両方から香ってきてしまう可能性があります。

歯の色もまあまあ気になりますし対人関係に影響しなくもないですが、お口からの悪いにおいはダイレクトに人付き合いに関係してきます…!

これはまじめに要注意です。。。

 

酸蝕歯になる原因は人それぞれ。

「原因を根本的に解消しましょう! 一刻も早く!」と簡単には言い難いところがあります。

もちろん悩みを元から解決するに越したことはないのですが、すぐの解決が難しい場合はせめて定期的にお口の中のチェックをすることと、毎日のケアは欠かさないでおきましょう!

 こちらもどうぞ


参考記事
摂食障害が治るきっかけとは? 3つの秘訣
摂食障害が治るきっかけとは? 3つの秘訣

自己肯定感を上げる 自己否定感が発症につながる 拒食症や過食症のはじまりのうちもっとも多いのはダイエットから。 友達からの心無いことばや家族が何気なく発した姉妹と比べるようなことば―ささいな一言が原因 ...

続きを見る


参考記事
摂食障害に20年悩んでやっと治った記憶を淡々と綴る①
摂食障害に20年悩んでやっと治った記憶を淡々と綴る

10代後半は思い出したくないけど記憶をたどってみる まずは不眠がきた 兆候 私は40代前半です。 10代後半の頃、不眠症になりました。   割と真面目な性質で、勉強もスポーツも学校の授業はま ...

続きを見る

-暮らし・時事

© 2021 人生挽回BLOG