「代替」の読み方。正しいのは「だいたい」?「だいがえ」?

暮らし・時事

「代替」の読み方。正しいのは「だいたい」?「だいがえ」?

2020年4月20日

「代替」の読み方。正しいのは「だいたい」?「だいがえ」?

読み方が難しくて混乱してしまいがちな「代替」という熟語。

今回はこちらの読み方についてまとめてみたいと思います。

「代替」の読み方は「だいたい」ですが、「だいがえ」でも完全にまちがいとは言えない

「代替」の正しい読み方は「だいたい」です。

意味は「他のものに代えること」。

「だいがえ」でも間違いとは言えない理由

正しい読みは「だいたい」ですが「だいがえ」と読むことは完全な間違いとは言えません。

なぜなら現在では敢えて混同を防ぐため等の理由で「だいがえ」と読む例も多いからです。

 

「だいたい」と発音すると「大体」と音が同じになります。

なんとなく文章がわかりづらくなるのを防ぐために「だいがえ」と読んで明確化する意図で使われます。

表記の上では「代替え」と送り仮名をふることも多いですね。

「だいたい」の使い方

「代替」と使う時は後ろに別の言葉が付属するケースが多いです。

「代替品」などですね。

 

「代替え」と使う時は「~の代替えとして」というような形で単独で使う場合が多いです。

「代替」の読み方。正しいのは「だいたい」?「だいがえ」? まとめ

正式には「だいがえ」と読みますが、敢えて文章の意味をはっきりさせる意図で「だいがえ」と読むことも多いというのが今回のまとめです。

言葉は自分のためのものというよりは、相手に伝わりやすくするための役割が大きいもの。

 

しなやかに活用していきたいですね。

-暮らし・時事
-

© 2021 人生挽回BLOG