ふるさと納税のやり方、メリット、デメリットはどんなこと?

暮らし・時事

ふるさと納税のやり方 | メリット、デメリットはどんなこと?

ふるさと納税のやり方、メリット、デメリットはどんなこと?

ライター: K

ふるさと納税とは、住民税の2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄付するものです。自治体にふるさと納税すると、お礼として特選品をもらえたり、寄付金控除が受けられたりします。

 

日本では、寄付を認められている自治体に寄付すると、税金の控除が受けられる税金制度があります。ふるさと納税で、寄付した金額から2000円を差し引いた額が、所得税還付や住民税控除となります。

 

それでは、ふるさと納税のやり方、メリット、デメリットを説明します。

 

ふるさと納税、どうやるの?

 

① 自治体を選ぶ ② 寄付金控除上限額を調べ、寄付を申し込む

③ 実際に、寄付金を払う ④ お礼の品、寄付証明書が届く 

⑤ 寄付金控除手続き ⑥ 還付・控除

 

① 自分のふるさと納税したい自治体(生まれ育った自治体や応援したい自治    

体)を選びます。納税したい自治体は、「ふるさと納税サイト」などを

利用して選びます。

 

② 自己負担2000円でふるさと納税が可能な上限額は、寄付する人の年収や

  家族構成によって決まっています(可能額に関しては、インターネットな 

どで調べてください)。寄付金の額が決まったら、電話、FAX, メール、     

直接窓口で申し込む(方法は、申し込む自治体によってことなる)。

多くの自治体は、インターネット(ふるさと納税サイト)での申し込みを

受け付けています。

 

③ 申し込むと、自治体から振込用納付書などの用紙が届きます。支払い方

法は、納付書を使用する、指定口座に銀行やネットバンキングから振り

込む、現金書留、クレジットカードで支払うなど、申し込んだ自治体に

よって異なります。

④ 寄付をした自治体から、「お礼の品」と寄付したことを証明する

「寄付金受領証明書」、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」に関する

書類などが届きます。

 

⑤ 税金を控除してもらうため、「確定申告」あるいは「ワンストップ特例制度」

の申請手続きをします。「ワンストップ特例制度」とは、確定申告が不要な

人が、確定申告なしで税制控除が受けられるのです。「ワンストップ特例制

度」は、年収2000万円を超える所得者、医療費控除などで確定申告が必要

な人は利用できません。

 

⑥ 還付・控除が行われますが、お金がすぐに還付(戻ってくる)される訳で 

はありません。ふるさと納税した金額から自己負担額2000円を引いた額が、     

所得税と住民税の分かれて控除されます。

  

 

ふるさと納税、メリット、デメリットは?

メリットは

 

 

  • 地域の発展に貢献できる

 

 

自分のふるさとや応援したい自治体の税収をあげることができる。

自治体がうるおい、よりよい町づくりに貢献できる。

 

(2)目的を限定して寄付できる

 

納税したお金の使用法を選択できたりします。子供の教育、歴史的建造物

保護、自然保護などを支援する。

 

(3)返礼品がもらえる

 

寄付の金額によって、それに応じた返礼品がもらえる。米、果物、海産物、

観光に利用できるチケット、家電、衣料品など、いろいろなものがそろっ

ています。

 

(4)2000円を超えた寄付金は税額控除される

 

2000円を超えた納税分は、全額を還付、または翌年の住民税から

控除される。

 

 

  • クレジットカードなどのポイントがためられる

 

 

寄付金をクレジットカードで決済できる場合もあるので、それによって

ポイントをためることができます。

 

 

  • 金額を選んで寄付できる

 

 

希望している返礼品がある場合、その返礼品の金額以上の寄付が必要です

が、いくら寄付してもよいことになっています。

 

デメリットは

 

 

  • 減税・節税対策にならない

 

 

例えば5万円のふるさと納税をしたとき、48000円は控除されますが、

2000円が自己負担なので支払い額は変わらないのです。

 

 

  • 返礼品には規制がある

 

 

2019年6月の法改正により「返礼品の還元率を3割以下にする」、

「返礼品は地場産品に限る」という規制が行われました。

 

(3)5回以上ふるさと納税をしたら、確定申告が必要になる

 

1月1日から12月31日の1年間の所得を計算して税務署に申告する

作業をしなければなない。

 

 

  • 所得によって控除されない場合もある

 

 

ふるさと納税は、寄付したお金が戻ってくるのではなく、払うべき税金

が控除(減額)されるものなのです。

 

支払わなければならない税金の額より、寄付した額が多いと控除の対象

とならないのです。控除される額は所得によって変わるので、前年の

所得を参考にしなければならないので、大変、予想困難です。

 

まとめ

 

ふるさと納税のことをさまざま説明してきました。ふるさと納税をして控除を受けるまでには、いろいろなことを処理していかなければなりません。一寸大変ですね。ただ、納税していろいろな返礼品が得られるのは本当に魅力ですね。

 

ふるさと納税は、メリット、デメリットいろいろありますが、納税したことにより、寄付したお金がいろいろなことに使われることは、非常に有意義な制度だと思います。

 

  

-暮らし・時事

© 2021 人生挽回BLOG