「バック」? 「バッグ」? 正しい言い方や表記方法はどっち? 違いは?

暮らし・時事

「バック」? 「バッグ」? 正しい言い方や表記方法はどっち? 違いは?

「バック」? 「バッグ」? 正しい発音や書き方はどっち? 違いは?

物を持ち歩くための手提げ袋のこと、何と呼んでますか?

たぶん「バック」と言っている方も多いのではないかと思います。

 

細かいようですが正式には「バック」ではなくて「バック」というと別の意味になってしまうんですよね。

今回はそんな「バッグ」と「バック」についてまとめてみました。

お出かけの時に荷物を入れる鞄は「バッグ」。「後ろ」を意味するのは「バック」。

「バック」? 「バッグ」? 正しい言い方や表記方法はどっち? 違いは?

バッグもバックもよく使う英語ですが、はっきりと使い分けるとすれば

「バッグ」…ふだん出かける際に手荷物をいれるカバンのこと。

「バック」…「後ろ、背後、背中」を意味する言葉。

です。

 

「バッグ」を「バック」という人は多いけど「バック」を「バッグ」という人は少ない

「バッグ」「鞄」のことをついつい「バック」と言ってしまう人はとても多いけれど、「後ろ」のことを言いたい時に「バック」じゃなくて「バッグ」と言ってしまう人は少ないです。

これは誤用とか間違いという感覚ではなくて、日本語と英語の発音が持つそもそもの性質のギャップからくるものだからです。

 

日本語と英語の発音の違いに注意

バッグを英語で綴るとBag、発音記号は【bˈæg】になります。

一方バックを英語で綴るとBack、発音記号は【bˈæk】です。

このように、バッグとバックは前の部分bˈæは同じです。そしてこの部分にアクセントが来るというところまで同じです。

さらに言うと、kとgは同じ破裂音の仲間になります。

そして語尾に母音もありません。

 

なので、二つは発音上から見ても限りなく似ているということになります。

 

一方、日本語のバックのkに当たる部分はアルファベットに直すと【ku】です。

同じようにバッグをローマナイズすると【gu】になります。

 

なのでBagを「バッグ」と言ったところでそもそもの英語の発音とは違うんです。

 

ほんとに正しく言うならば、前半に強いアクセントを置いて「グ」は「ぐ」とはっきり発音せずにかる~~~く音を発する程度でいい、となります。

でもそこまで厳密にする必要は正直ないですよね。

だって我々は日本語を話して、日本語の中に溶け込んでいる「バッグ」を意味できればいいのですから。

 

「バック」? 「バッグ」? 正しい言い方や表記方法はどっち? 違いは? まとめ

個人的には、日本語で会話する上ではバッグのことをバックと言ってしまおうが多少そのように聞こえてしまおうが別に気にしなくていいと思います。

ことばは生き物なので、別の国の言葉がそのまた別の国で使われるようになった時、忠実に再現されずその国の発音や習慣や文化に溶け込んで多少の誤差が出るのは許容範囲でよくない?と考えるからです。

 

言葉の正しいルーツをしっかりと理解することはとても大切で素晴らしいことです。

でも、だからと言って間違っている人を過剰に責めたり、すでにその国に溶け込んでいる使い方をくつがえそうとして強引にそこに固執することはしなくていいと思うんですよ。

 

ことばは人と人がうまくコミュニケーションを取るためのツールとして生まれ、発展してきたはずです。

 

言葉の正確さにあまりにもこだわることで他人とのコミュニケーションがぎくしゃくしてしまっては元も子もない、ですよね。

 

-暮らし・時事
-

© 2021 人生挽回BLOG