お金 仕事・副業

一文無しになった、どうしよう… | 今自分が一文無しになったらすることリスト

2020年4月25日

こんにちは。はりぃです。

私は今までに何度か一文無しになる危機に遭遇しました。

 

そのたびに乗り越えたこと、その先必死にもがいて「そこまで困ることがなくなる」までにやったことから、「次に一文無しになったとしたらやることリスト」を作ってみました。

 

たぶんここで紹介することのほとんどは「なかなか難しい」ものが多いと思います。

 

でも、どん底からはい上がれるかできないか、の差って「運」とかではなくて「なかなか難しい」ことでも可能性があることをすべてやりきるかどうか、にかかっています。

やりきれるかどうか? じゃありません。

やりきると自分で決めることです。

 

環境や人のせいにしない。環境も周りの人も自分が変えていく。そのために自分が変わる。

そういう覚悟のある人だけ読んで頂けたらと思います。

 

一時的なお金を確保する※これだけで安心しちゃダメ

借りられる場所があれば借りる

もちろんここには「借りられる場所があれば借りる」という選択肢も入ってくるのですが、一文無しで困っている人はもうその手段もないと仮定してそこまで大きくは触れないでおきます。

行政の救済

スマホもない、インターネットもwifiもない、パソコンもない、ネットカフェにも行けない、という差し迫った環境なら…

一文無しになった理由にもよりますが、最初に「行政からの救済」が得られるかどうかを調べます。

住んでいる場所の福祉課で、生活保護・緊急小口資金の貸し付けの相談をします。

神奈川県で言うとこんな感じ。

http://www.knsyk.jp/s/shiru/kashitsuke_kinkyu.html

 

そんなことを言っていますが通常はなかなか借りることができません。

実際私も1度断られた経験があります。

※でも2020年4月現在コロナウイルスの影響により多少支援が受けやすい状況になっているようです。

 

2020年4月の段階で書いていますが、今は緊急小口資金の貸し付け以外にもコロナの影響により様々な保障が検討されています。

「どうせもらえないや」と諦めるのではなく行動を起こすことは大事です。

 

バイトでもいいから取り急ぎ働ける場所を探す※これで安心しちゃダメ

一文無しになった、どうしよう… | 今自分が一文無しになったらすることリスト

日雇い・住み込みのバイトを探す

生活保護・緊急小口資金など行政に頼る方法は、仮にうまくいったとしても実際に現金が手元にくるまで時間がかかるというデメリットがあります。

それに所詮は一時的なお金。

なので同時並行で日払いか住み込みの仕事・アルバイトを探します。

寮完備で住み込み可能な求人を掲載中!寮費無料の求人も多数!【お仕事情報ネット】

 

ただですね…

今って、たいていの人が人生で遭遇したことのない社会の変化の渦中にいるわけじゃないですか。

なので今バイトを探しても見つからない可能性も高いんですよね。

 

これで諦めるとかではなくて、「今この社会情勢で何がニーズがあるのか、何のお仕事だったら雇用してもらえるのか」考えるべきです。

 

ネットスーパーの需要が高まっていて西友で新規雇用をしているというニュースを見ました。

あとは物流関係ですね。

外出自粛がこれ以上長期化するとどんどん倒産も進んでくるでしょうから、そうなってくるとまた状況が少し変わってくるかと思います。

こういった情報に常にアンテナを張って、変化を恐れず行動を起こすことは大事です。

 

インターネットが使える人はネット上での仕事を探す

「クラウドワークス」「ランサーズ」等インターネット上で仕事を受注できるクラウドソーシングサービスのサイトを一度覗いてみてください。

できそうな案件があれば積極的にアプローチしてみましょう。

 

 

ネット環境さえ整っていれば外出自粛の今でも自宅で仕事ができますし、そこで培ったノウハウを使ってどんどん仕事を展開していくこともできます。

バイトの面接に行ったり日々の通勤にかかる手間って意外と大きいです。

それを加味すればインターネットでお仕事ができることは非常に便利。

 

私が本当に今一文なしになったとしたら、上の「バイトを探す」の項は省いてここから行います。

自分で仕事を作る

一文無しになった、どうしよう… | 今自分が一文無しになったらすることリスト

ここでいう仕事、とは「インターネットを多少なりとも使ったお仕事」になります。

インターネットビジネスには「物販」「アフィリエイト」「アドセンス」「FXなどの投資」等があります。

FXなどはもともと難易度も高く資金も必要になるのでこれは除外。

 

アフィリエイト・アドセンスは言い方を変えるとブログで稼いでいく方法です。

SEOやマーケティングなど商売に必要ないろいろなノウハウを習得する必要があるので正直勉強が大変、作業も大変…

でも、一番おすすめです。

なかなか結果につながるまで難しいですが、その先YouTubeでもココナラでノウハウや技術を発信するでも、様々な方向に展開ができます。

 

物販は「売る」「買う」だけのシンプルな構造なので理解しやすい点で初心者の方にはとっつきやすいと思います。

ですが「安く仕入れて」「高く売る」というのは意外と難しいです。

仕入れたものが売れなければ在庫はお金に変わることがないまま保管しなくてはいけません。

それになにより、最初に仕入れるための資金がかかります。

物販で成功するためには「何が売れているのか」を知り、「売れるものを売らなければ」いけません。

つまりここでもマーケティング能力がなければ結局うまくいかないのです。

 

女性に結構多い…というか自分がやってしまった大失敗ですが、「自分が売りたいものを売ろうとする」「自分が売れるんじゃないかと想像したものを売ろうとする」これは商売が失敗する典型的なパターンです。

 

あと、なんとなく自分の作ったハンドメイド作品を販売する、というのもよくあることですよね。

よほどセンスがあるかきちんと売り方を学ばなければいつまでも売れないまま作品を作るだけで忙しく働いた気になっている…という状況に陥りかねません。

 

難しいけど結局ブログやSNSで情報発信力とマーケティング全般について学ぶのが一番おすすすめ

一番リスクなく挑戦できて、その後の人生にものすごく役立つのがブログで稼ぐこと、です。

ブログを通してネットビジネスの知識が積みあがってきたらYouTubeにスライドするのも苦ではありませんし、ネットでの仕組みを利用して自分の知識や経験・ノウハウを販売することも可能です。

その経験によってさらにnote、ココナラ、ランサーズ、クラウドワークスなどで仕事を生み出していくこともできます。

仕事ってそもそも「困っている人の悩みを解決すること」「人ができないことをやってあげること」に行きつきます。

今は未曾有の事態ではありますがその中にも誰かの悩みや叶えたいことというのは無数に存在していて、それをうまく汲み取って自分が行動できる人はこの先も困らないと思います。

得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】

 

たとえば、「乗らないタクシー」というニュースを先日見ました。

外出自粛でタクシー業界が大きな痛手であることから、外出はできないけど、そもそも外出したい理由…「これを買ってきてほしい」「あれをやってきてほしい」を叶えてあげる方向に転換したそうです。

 

そのような発想の転換をすることが今緊急に求められていて、変わることができない人は…こんないい方はキツいかもしれませんが、事実として淘汰されるしかないところまで来てしまっていると思います。

 

一文無しになった、どうしよう… | 今自分が一文無しになったらすることリストまとめ

今は誰もが大変な時です。

でも大変な時だからこそ学び、備えましょう。

 

会社員だから安定しているという価値観は崩壊しています。

今現時点で会社でのお仕事がもらえているとしても、収入の軸は常に3本以上持っているべきです。

あなたの会社がこれから倒産しないという絶対の保証はありません。

-お金, 仕事・副業
-

© 2021 人生挽回BLOG