お金

緊急小口資金貸付審査に通りました | 必要書類・いつ振り込まれる? 体験談まとめ

2020年6月13日

ライターのO(40代女性・フリーランス・シングルマザー)です。

先日、緊急小口資金貸付を受けました。

貸し付けなのでもらえるというわけではなく、基本的に返さなければならないもの。

借金があるので今これ以上借り入れが多くなるのは正直しんどい…とかそれ以前に審査に通らないかも!?と思って6月になるまで申請に踏み切れませんでした。

でも思ったよりも影響が長引きまだまだこの先の仕事も見えない中、ダメ元で申請しておかなければ子供を守れないので思い切ってお申込みをしました。

 

結果として思ったよりも簡単に手続きができ、そして審査にも通りました。

コロナの影響で多くの方大変になっている中、できる限りの手段を尽くして対策を取りたい方はぜひお申込みされた方がよいかと思います。

 

お申込みしようかな~、どうしようかな~と迷われている方のために、この先はもう少し詳しく私の今回の経験を記録しておきます。

参考になれば幸いです。

 

我が家の基本情報

まず、私の家の状況を記します。

・母子家庭

・個人事業主

・2019年に起業

・起業までは出産とワンオペ育児のため貯金を切り崩す毎日

・借金あり

・ブラック

・債務整理経験10年以上前にあり

・自己破産はしていない

・税金滞納分あり

 

…正直お話するのがつらいほどどんぞこの状況です…

 

昨年起業して秋から年末にかけて始動すべく動いていたところ、台風で仕事が飛びました。

その後落ち着いてきたころにコロナの流れで今年いっぱいは仕事が劇的に復活する兆しはありません…

業種はイベント系なので割と絶望的。

こんなひどい家庭環境ではありますが、支給して頂けたことに心から感謝です…

 

緊急小口資金はいつ振り込まれる? 給付までにかかる日数

緊急小口資金が振り込まれたのはお申込みをしてから10日後くらいのことでした。

正直こんなに早く対応してもらえると思わなかったのでびっくりした。行政のやることなので(失礼)もっとずっと遅いと思ってた。

審査に通るか? という点で半ば諦め気味だったので、「いつ入るかな~…」「いやまず審査に通ったとか通らないとか連絡がくるのかな」「でもそもそも審査落ちが関の山…」とぐるぐるぐるぐる思考してました。

まあしょうがない、落ちたら落ちたどうにかするための次の手段を考えるしかないのだから。。。

 

審査結果は決定通知書かご担当者様から電話連絡か? と思っていたらある日ご担当者様が自宅を訪ねてきてくれました笑。

「すでに入金日は過ぎていてたしか昨日着金となっていたかと思うのですが…」とのことで、正直拍子抜けしてしまったような感覚。

 

そういえば最初に電話でお問い合わせをしたときに、

担当の方が「町内ではあまり申請される方がいなかったので私も慣れていなくて…」と言っていました。

私たちが住んでいる場所は郊外なので、もしかしたらお住まいの地域の状況によって「電話がつながりやすい/つながりづらい」「相談や申請の予約がとりやすい/取りづらい」「審査に通りやすい/通りづらい」などは違いがあるかもしれません。

電話お申込み~申請~受理~入金までスムーズだったのも人口が少ないからというのは大きいかも。

実は以前にも一度東京で緊急小口資金の申請しようとしたことがありました。

コロナ前でしたが個人事業主なのでなんとかできるでしょと審査どころかお申込み書類も書かせてもらえずに鼻であしらわれた記憶があります…

なので地域によって差は多少あるかもしれませんが、確実にコロナが生じる前よりは審査に通りやすい状況にはなっているかと思いますね。

緊急小口資金はおすすめか? おすすめではないか?

実際に体験した結果、緊急小口資金はコロナによって収入が激減した方、生活が苦しい方にとって大変利用しやすい制度です。確かに一時的なものであり、これからコロナが収束するまで・仕事を立て直すまでと考えると20万円の満額でも足りないのが本音。

それでも少しでも近々の生活費分が賄えるだけで精神的には非常に楽になります。

あとは他の給付金、補助金情報をできる限り調べて生き抜くしかありません。

据え置き期間を経て来年は返済がスタートします。

 

それまでにはコロナ第二波も当然来ると思うのでそれ前提で仕事に関しても大幅に変更しないといけないな、と思っています。

 

-お金

© 2021 人生挽回BLOG