自律神経失調症 | 仕事への影響は、症状は、原因は、治療法は?

暮らし・時事

自律神経失調症 | 仕事への影響は、症状は、原因は、治療法は?

自律神経失調症 | 仕事への影響は、症状は、原因は、治療法は?

ライター: K

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れ、いろいろな障害が心身に

現れます。頭痛、動悸、倦怠感、集中力の低下などです。それによって普段の

生活に大変な影響を及ぼすのです。

 

自律神経失調症について具体的に説明します。

 

自律神経失調症の症状とその原因は?

症状にはどんなものがあるでしょうか?

 

身体面では、

 

頭痛、耳鳴り、疲れ目、動悸、息切れ、めまい、倦怠感、不眠、食欲不振、

手足のしびれや痛み、腹痛、吐き気、下痢、便秘、肩こり、整理不順などです。

 

精神面では、

 

気力低下、集中力低下、イライラする、怒りっぽくなる、涙もろくなる、

不安感、恐怖心などです。

 

自律神経失調症にはタイプが4つあります。

 

 

  • 本能性自律神経失調症

 

 

生まれつきの体質で、自律神経の調節が上手く行かない。虚弱体質、

低血圧の人に見受けられます。

 

  • 神経型自律神経失調症

 

 

 心理的影響によるものです。体調の変化に敏感で、精神的ストレスで体調を

 くずしてしまう。すぐ、くよくよするタイプの人です。

 

3.心身症型自律神経失調症

 

 日常生活のストレスを我慢することが原因です。もっとも多いタイプです。

 几帳面、努力家、真面目なタイプの人です。

 

4.抑うつ型自律神経失調症

 

 ストレスをため込んだことによって、「うつ症状」になってします。

 身体にも症状が現れます。頭痛、だるさ、食欲不振、不眠などになります。

 

このように、原因は、日常生活リズムの乱れ、身体的・精神的ストレスなどで

あるようです。真面目で几帳面、神経質な人に多いようです。

 

自律神経失調症、仕事への影響は?

 

大学卒業し、希望を抱いて会社に入社しましたが、上司に仕事のことで再三

注意を受けたり、先輩から責められ続けました。一生懸命やろうと頑張りましたが上手く行きませんでした。

 

同僚に相談しました。最初は相談にのってくれましたが、そのうち、相手に

してくれなくなりました。

 

めまいや腹痛や下痢・便秘などが治らないので病院に行きました。診断の結果は「自律神経失調症」でした。

 

病名が分かっても、会社には言えません。黙って出勤し続けました。

そうしているうちに、出勤中にめまい、動悸を起こすようになりました。さらに、仕事中に頭痛が起こりました。仕事どころか、一瞬、動くことができませんした。

 

不眠などにより、朝起きられなくなりました。会社へは遅刻、欠勤を繰り返すすようになりました。

 

ある日、上司から呼ばれ、休職することになりました。

 

その後、会社を退職するになってしまいました。

 

自律神経失調症の治療法は?

 

治療は、症状、タイプ、原因によって異なります。心と体の両方に働きかけます。薬物療法とカウンセリングの両方で治療をします。治療は、体質・性格・

生活スタイル・生活環境などに注目し、改善するようにします。

 

治療法には、

 

・自律訓練法などによるセルフコントロール

・薬物療法

・カウンセリングなどの心理療法

・指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなどの理学療法

・音楽療法やアロマテラピーなどの五感に働きかける治療法

・自己管理によるライフスタイルの見直し

 

ちなみに、薬物療法には、自律神経失調製剤、精神安定剤、ビタミン剤、ホルモン剤、黄連、抑肝散、芍薬などの薬を使用します。

 

まとめ

 

自律神経失調症はどんな人にも発症するのです。本当に一寸したことから失調症になるのです。夜更かしすることない規則正しい生活を送ること、つまらないことに悩んだりしないこと、リラックスできるような趣味を持つことです。

 

悩んだり、困ったことなどあれば、信頼できる人な相談することですね。

一人、考え込むのは絶対ダメです。

 

毎日、気楽な明るい日々を送りましょう!

 

-暮らし・時事

© 2021 人生挽回BLOG