ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

暮らし・時事

ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

2020年5月21日

リーズナブルにお引越しをしたい方にとっては救世主ともいうべき「ビレッジハウス」。

口コミを調べてみると「汚い」などのネガティブな辛口評価も多く目にします。

 

実際にどの程度汚いのか(きれいなのか?)、40年の間に23回お引越しをした経験を持ち、

関西圏の空き家一軒家住まいからビレッジハウスにお引越しすべく各地のビレッジハウスを内見しまくっている筆者が解説してみます。

 

ビレッジハウスのほかに敷金、礼金、更新料、手数料、鍵交換すべて0円でお引越しできる手段として私は「空き家を借りる」という選択肢をおすすめしています。

この2つを比較してキレイか汚いか、を判断していきたいと思います。

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

ビレッジハウスは「汚い」というよりは「建物の外観が古い」

ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

最初に私の主観的な感想を言ってしまいますが、

今まで内見してきた印象からすると、ビレッジハウスは「汚い」というよりは「建物の外観が古い」です。

 

正直な話、最初に内見したビレッジハウスでは、不動産屋さんに案内されて駐車場と建物が見えてきたくらいの時に若干不安な感じになりました(;^_^A

外壁が剥げていたり、

ふる~い日本の団地というような印象です。

 

実際に公式ページで外観の写真を見てみると、こんな感じです。

ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

中まで行かないで「次の物件案内してもらっていいですか?」って一瞬言おうと思ってしまったくらいです。

でもその直後にお部屋に入った瞬間その気持ちはふっとびました。

 

中、リフォームされててめちゃキレイなんですよ!

 

白と薄い木目を基調に、清潔で使いやすい間取りになっています。

地方の物件の場合は窓から緑が見えることも多く、白・薄いクリーンな木目・緑が目に入ってくるとものっすごく明るい気分になるんです。

 

自分で内見した時の写真はうっかり削除してしまったのでビレッジハウス公式ウェブサイトから写真を拝借しますが、中はこんな感じです。☟

ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

行ってみて「写真と違うじゃねーか」と思うことって多々ありますが、ビレッジハウスは私が見た限りではそういうことはありませんでした。

ほんとうにきれい。

 

中の様子がわかると、外の古さにも多少まあいっか、みたいな気持ちになりました。

実際子供がいる家庭の場合、敷地内に公園があるというのはものすごく毎日の時間の節約や安心感にもつながりますからね。

 

アフターコロナで自粛期間が明けたとしても完全に世の中が元に戻るのではなく、現実としてテレワークやお家時間が長いライフスタイルに切り替わっていきます。

だからお家の中でいかに快適に過ごせるか、という点はものすごく大事にした方がいいです。

 

内見させて頂いたビレッジハウスも、もしかしたらすご~~~~く批判的な目でチェックしたら何か見えてくるのかもしれませんが、正直東京の渋谷で15万円くらいで借りていたマンションと比べても「清潔度・内装のおしゃれ度・広さ」ビレッジハウスの方が上でした。

 

家賃そのものだけ相場感を都内と比較するともちろん同じくらいのグレードだと都内より地方の方が家賃が安いです。でもそれだけでは固定費の節約にはなりません。

地方の場合不動産屋の数自体が少ないこともあってなのか敷金礼金、特に礼金をガッツリとる物件が多いです。

実際関東圏・関西圏の広いエリアで25回以上物件探しをしてきた目から見ての感想です。

 

同じ地方の賃貸物件と比較してみても、

・部屋のキレイさ

・間取りのすっきり具合

・家賃の安さ

・初期費用の安さ

 

比べるまでもないくらいの安さです。同じくらいの広さで、ですよ。

しかもその物件は家賃2万円台後半だったので、正直今まで何を都会で疲弊していたのかと愕然としますよね。

家賃20,000円台! 賃貸界の革命児

 

ビレッジハウスは全国47都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開しているので、

もちろん中にはリフォームが行き届いていない物件もあるかもしれません。

 

でも「自分で部屋をカスタマイズできる」という利点もあるので、

圧倒的に安い家賃と初期費用をまず一番の選択基準にして、その他なにかあれば都度カスタマイズをするのがよいと私は考えています。

空き家の汚さは…しゃれにならないくらいほんとに汚い場合が多い笑

ビレッジハウスは汚い!? | ビレッジハウスと空き家住まい・敷金礼金なしのお引越し徹底比較

空き家をお借りする場合、メリットとなるのは「審査がない」ことです。

 

私がお引越しした際は「母子家庭」「自営業」「ブラック」という最底辺の状況でしたが何も問題なくスッとお借りできました。

 

ビレッジハウスも審査は通りやすいとは言われていますが、「審査がない」というわけではないので、実際に通らなかった方や審査が心配な方は空き家を検討されるといいかも。

それでも1回まずビレッジハウスに挑戦してみてからでいいと思いますけどね。

 

なぜなら、空き家の場合初期費用が安すぎる・家賃が安いというメリットとともに注意すべきデメリットがものすごく多いんですよ。

 

・空き家は本当に古さを通り越して修繕が必要なくらい壊れていることも多い。

・持ち主のものや前に住んでいた人のものが残されて(捨てられて?)いるままでほんとに汚い

・汲み取り式便所のことも多いので都会ライフに慣れている人から見たらほんとに汚く不潔

 

「きれい」かどうか、という点だけで言ってもこれだけのデメリットがあります。

抽選なしですぐ住める格安物件探しなら、今すぐ検索!

初期費用をなるべく安く抑えて清潔に暮らしたい方にはビレッジハウスがおすすめ!!

このように、ビレッジハウス以外の賃貸物件、空き家と比べて

敷金、礼金、更新料、手数料すべて0円、鍵交換費も無料、

という点以外においても比較がしようがないくらい私はおすすめです。

ビレッジハウス公式サイトはこちら

※ちなみに火災保険だけは必要になります。

もし入居してみて耐えられないくらいイマイチだな~と思う点があったとしたら、退去の場合は以下の料金が必要になります。

・1年以内で退去の場合の費用→家賃の2ヶ月分

・2年以内で退去の場合の費用→家賃の1ヶ月分

・2年以上で退去の場合の費用→無料

「退去費用がかかる」という文面だけ気にしてしまうと大きなデメリットのようにも思えますが、

もともと家賃が2万円とか3万円くらいの安さならば、家賃の2ヶ月を負担したとしても一般の賃貸物件に5~6万円で入るときの敷金礼金等初期費用・退去時のクリーニング費用などと比べようもないくらい安く済みますよ。

少しでも興味がある方はぜひ内見してみてください!

-暮らし・時事
-

© 2021 人生挽回BLOG