【2020年】第163回直木賞受賞!! 馳星周さん「少年と犬」感想や代表作まとめ

暮らし・時事

【2020年】第163回直木賞受賞!! 馳星周さん「少年と犬」感想や代表作まとめ

2020年7月16日

直木賞に馳星周さん最新作の「少年と犬」の受賞が決定しました!


すっかりもう過去に受賞されていたものだと思いこんでいましたがなんと初受賞とのこと…おめでとうございます!!

芥川賞・直木賞を発表 ノミネート7回目で受賞

Twitterの感想

 

馳星周さんといえば「不夜城」のような反社やアウトローなど血なまぐさい感じをイメージしていたので、今回受賞された「少年と犬」のような動物ものは意外でした。

ハードボイルドがお好きでない方も楽しめるはずです。

 

ちなみに芥川賞と直木賞の違いですが、
・芥川賞…新人作家対象で純文学に対して与えられる文学賞。芥川龍之介の名から。

・直木賞…新人及び中堅作家が対象の文学賞。大衆文学が選考基準。直木三十五の名から。

となっています。

馳星周氏の代表作・おすすめ作品・著書・作品一覧

なんといっても1996年のデビュー作でありベスト作『不夜城』。コロナで激動の地のように歌舞伎町が扱われている今また読みたいと思ってしまう一冊。

不夜城 (角川文庫)

 

せっかくならば不夜城シリーズ3部作で『不夜城』『鎮魂歌』『長恨歌』もお読みください。

不夜城シリーズ 【全3冊 合本版】 『不夜城』『鎮魂歌』『長恨歌』 (角川文庫)

馳星周さんの名前の由来・読み方は?

読み方: はせ せいしゅう

名前の由来: 「少林サッカー」や「カンフーハッスル」で有名な中国の映画監督であり俳優の周星馳(チャウ・シンチー、しゅう・せいち、Stephen Chow) の名前の順番を逆にしたもの。馳星周氏ご本人がファンだったため。

写真

馳星周さんのご出身地は北海道です。


-暮らし・時事

© 2021 人生挽回BLOG