カフェ経営に失敗!事業を復活させるためにどん底の中やったこと

お金 仕事・副業

カフェ経営に失敗!事業を復活させるためにどん底の中やったこと

2019年2月23日

約15年間好きなことをお仕事にして生きている私ですが、

その間にはいろいろなできごとがありました。

 

中でも大きな勉強をしたうちの一つに「店舗運営失敗」があります。

事業内容は飲食店です。

 

手痛いご意見は承知で書きました。

本当に自分が無知で愚かで浅はかだった。

 

1文無しと書きましたが、正確には銀行残高が2桁になるくらいになった、

というのが正確な事実。笑

 

恥ずかしくてなかなか人に言えないレベルの最底辺です。

 

ヤバい、お金回らない

お金が回らない

店舗運営は実際、開店当初からなかなか厳しいものでした。

開店して1年も経たないうちにお金が回らなくなってしまったのです。

新たにお金を借りることもできない、

毎月支払いに追われ

好きなことを仕事にしたはずなのに毎日長時間労働と金策に追われる毎日。

 

結構精神的にも病んでいくのを感じました。

 

お金を借りる

最初はお金を借りたりクレジットカードで回したりしていましたがだんだんそれもできなくなり

とうとう新規借り入れもできなくなりました。

最終的に困りはて、自治体の生活福祉資金貸付制度の相談に行きますが、自営業ということで審査に通りませんでした。

 

債務整理

いよいよどうにもならなくなり、債務整理をすることにしました。

でも私はここでも愚かな間違いを。

 

債務整理の方法としては任意整理の他、自己破産や個人再生があります。

思い切って自己破産をすればよかったのに、何かそれはいけないことのような気がする、というふわっとした罪悪感だけで任意整理を選んでしまったのです。

任意整理は手続きは簡単ですが、自己破産や個人再生よりも借金減額の効果が低いというデメリットがあります。結局その後に返済を続けなければならないのには変わりません。

これがなかなか苦しかった。

自己破産して0からアルバイトでもしながら自分のやりたいことをする、の方がよっぽど早く復活できたのではと今となっては思っています。

補助金、助成金

 

個人事業を開業する時、店舗運営を始める時、補助金や助成金についての知識が全くなかったことを後になって恐ろしく後悔しました。

知って活用し始めた時には時すでにちょっと遅し、で

もっと早ければ使えたかもしれない補助金や助成金が、気づいた時にはもう申請ができませんでした。

それでも、後から使えるものだけでも申請できたのはだいぶ助かりました。

今から独立される方は必ず!活用してください。

ただ、補助金や助成金単体だと使途が限定されてしまったり、事業実施後の入金だったりという点で動きづらさを感じる面もあります。

 

私も、店舗運営が不振に終わった後に

別の事業で新たに起業向けの補助金に応募してみました。

補助金をもらうために無くてもいい設備投資をしなければと思い始めている自分が怖くなり、

審査は通ったのですが使用をやめてインターネットで小さいところから自分一人の力でやろう、という考え方に結局シフトしました。

 

起業家とエンジェル投資家を結ぶマッチングサイトに登録してみた

結論から言うと失敗。

サービス名は敢えて明記しません。

2社登録したのですが、1社は登録費用を支払ったにも関わらずその後サイトにログインできなくなって問い合わせもできなくなり、泣き寝入りしてしまいました。

もう1社は、10人ほどの投資家さんとメッセージのやり取りはしたものの

そのほとんどが「もう投資案件は募集を締め切ってしまったのですが、月額〇〇円で起業のバックアップやコンサルをしますよ。」というご提案。

全部が全部そのようなメッセージだったので1ヶ月で利用をやめました。

 

引っ越し

家賃9万円を支払うのも苦しくなったので地方へ移住することにしました。

空き家で家賃月額1万円。

だいぶ固定費は抑えられました。

 

ちょっと都会から離れると空き家がたくさんあるので、新築などにこだわらない方で仕事が在宅等でできればよい面もたくさんあります。

 

インターネットビジネス

失敗の連続とノウハウコレクター

結局のところ、ちょっと怪しげな香りを放つインターネットビジネスだけが私の窮状を救ってくれました。

なので今までの文章は読み飛ばしてここだけ読んで頂いてもいいくらいです。

 

とはいえ、インターネットビジネスのことを知り、家で一人でもお仕事できるんだ!と希望の光を持ち初めてから2年くらいはまっっっったく稼げないどころか、「また教材費むだにした…!」くらいのレベルが続いたので、もうこの頃はかなり精神的にもヤバいです。

 

表面的には平静を装ってはいたものの、「死んじゃった方がいいのかなあ」と本気で思ってました。

 

物販

まず、「ものを売り買いすることはいつになってもなくなることはないから、勉強しておいた方がいいかなあ」と思い物販の勉強をすることにしました。

無在庫輸出と国内転売です。

結果としてどちらも目が出ませんでした…

作業量についていけなかったのです。あとはツールを使いこなせなかった。

 

これでまた自分に自信をなくす…。

 

独自ツールを使うもの

ボタンをクリックするだけで〇〇〇円…!

みたいなそれこそ怪しい宣伝文句、誰が一体騙されるもん…か…

と思いきや、私も実は試してしまった経験があります。苦笑

 

明日までに〇〇万円払わなくてはと常に切羽詰まっていると、思考って停止してしまうんでしょうかね。

黒い過去ですが晒してしまいました…

もちろん結果にはつながっておりません。

こういうツールに頼る系のものはもう試さないと数々の失敗を乗り越えてようやく気が付きました。

 

特定のプラットフォームに頼るもの

インスタで〇〇すれば▲▲…!とか

YouTubeだけで◇◇…とか。

ちょっと形を変えたMLMチックな手法とか

そういうものも、結局はお金としての結果も出ないし全然自分も成長しませんでした。

そんなに簡単なのに結果を出せない自分は人間的に欠陥があると思っていたくらいです。

 

バイナリーオプション、FX

自分の意志やがんばりで変えることができないこういう類のものはやらないと決めました。

ちなみにバイナリーオプションは2、3日だけ挑戦してみたことがありますが3万円ほど損して終わりました。同様の理由で私は絶対にパチンコなどのギャンブルはしません。

 

セミナー

本業の集客に困って「集客セミナー」などに行きまくった時期もありました。

結果として時間の無駄だったと感じます。

 

「無料セミナー」からの「高額バックエンド」という典型的パターンで、結局その商品の中身がスカスカ、ということも多かったからです。

ならばその分の時間を使ってもっと源流の知識を学ぶべきだった。

 

結局物事を学ぶには原理原則を学ばなければダメ

ツールに限らず、人や特定の企業や団体や、何かに「依存」するようなものはたいていいつかダメになります。

自分も自信を持てませんし

ツールが無ければ全て0になってしまいます。

 

インターネットビジネスの勉強を始めたくらいの頃から

同時にふつうに出版されているビジネス書なども読み漁るようになりました。

 

自分の中の知識が精査されてきた頃から、

周りによって来る情報がカオスなものからだんだん精査されてくるようになりました。

するとTwitterやブログなどの情報も、だんだんと有益な発信か否かを判断できるようになってきました。そして無料でも本当に役に立つ情報というものはインターネット上に溢れているものです。

 

だからといって「情報にはお金をかけるべきではない」と言っているわけではありません。むしろ逆です。

ですが、その情報を発信する「人」の方をよく見なければならないと思いました。

 

本当に信頼できる情報発信者が見つかったら、相当結果が出るまでしっかりとその人の考え方から生き様、仕事術や全てまるごとコピーしてやるー!くらいの気持ちで取り組むべきです。

そうしてみて初めて揺らがない基礎力というものができてくると感じました。

 

お金が無いくせにいろいろと投資した結果

病気でも怪我でも災害でも0にならない自分の「知識」に投資することが一番だと今では痛いほど身に染みています。

 

実践

最終的に効果があった方法を順に書いていきます。

まず、気持ちを新たにまっさらにする

これから取り組むことで得た収益は、次の段階に進むための経費や時間を節約するための投資に回していく、と決めました。

 

セルフバック

ネットビジネスを行っている人にとってはおなじみの、セルフバックに取り組みました。

私はここでも大後悔をしました。

すでに新規借り入れやカードが作れなくなっていたので、せっかくの高額案件にお申込みができなかったのです。

それでもできるものをひたすらこなしました。

おもに

・デビットカード

・エステ等の体験

・FX(取引は続けない)

などです。一通り終えたら

・100%還元案件→転売

と続けました。

 

不用品販売

そこまで終わったら、自宅にあるもので使っていないものなどを手あたり次第ヤフオクやメルカリに出品しました。

 

物販

その前にすでに物販を経験していた私ではありましたが、また新たな気持ちで挑戦しました。

・自分の本業の方で売れる商品をインターネット上で売る

・前の段階で、だいぶ「どの商品がこのくらいで売れる」「このジャンルが熱い」という感覚がつかめてきたので、メルカリ、ヤフオク、amazonなどで価格差があるものを見つけ安いところで買い→高いところで売った。

eBayは結局海外のニーズをリサーチするのは少なくとも今の自分の知識では大変と痛感して、以前経験はしたけどやらないことにした。

 

本業関連の商品をネットで販売

次に、自分でネットショップサービスを利用してオンラインショップを作りました。

最初に販売していたのは自分で制作して販売の流れだったので時間がかかることに気が付き、別の策を探し始めます。

商品制作にかかる時間や在庫管理の手間、制作費等の負担が必要ないアフィリエイト、アドセンス、自分の知識と体験そのものを商品としてまとめてオンラインで販売するのが結果として一番成果が出そうと感じ、そちらに切り替えました。

 

SNSの整理

今までSNSは利用していたものの、FacebookもTwitterも全部バラバラで単体として使っていたので、正直そこからお仕事にはつながっていませんでした。

それを、

・まずTwitterに集中

・今までほとんど放置状態だったものから発信数を1日10回くらいに変更

・そのほとんどをTwittbotで自動に。

・自分の業種で検索してフォロワーが多い人、活動が盛り上がっていそうな人をフォローしまくる

・目標とするフォロワーをフォローしている方の中から、最近Twitterをよく使っていそうな人をフォロー(目標とするユーザーの投稿にリツイートやコメントしている人)する

・自分もなるべく他の人と交流する(コメント、リツイート)

・ということを毎日毎日しながら元々100人くらいだったフォロワーを1ヶ月で600人以上に増やしました。

 

ブログ立ち上げ

本業のブログを15年もずーっと持っていたにもかかわらず、無料ブログで日記的な内容が主、たまに宣伝という使い方をしていました。

 

改めて勉強しなおしてやっとブログの重要さを再確認したのでWordPressで立ち上げなおしました。

メルマガ設置

さらに、ブログから飛べるようにメルマガを作りました。

ステップメールを組んで自動でできる部分は自動に変えてあります。

 

今では、濃い顧客には主にメルマガで商品やサービス等の告知を行っています。

 

細かな数字や証明を見せることはできませんが、

これらの改革=ネットビジネスを改めて勉強し直してから3ヶ月の間で

大体月の収入でいうと20万円程度増えた形になります。

 

私の場合なかなかブログの執筆をこまめにできず、当初は外注をすることもできなかったので

改革期間とした3ヶ月はアフィリエイトやアドセンス等ブログからの収益はほとんどありません。

 

自分の本業からオンラインで販売できる商品やサービスを作り直し、それを販売した収益が主になります。

反省したこと

・クレジットカードや借入をしまくる前に、セルフバックを知っておきたかった。

 

・何か職人気質のようなものが発動されてしまって、デザインや編集や細かな部分が気になったりしていたけれど、優先順序を間違えないことが大切と知った。まずは売り上げ

・次に仕組化、自動化することが大事と知った。自分じゃなくてもできる部分は手離れさせていく。

店舗運営していた時、この概念が身についていないのにソッコー従業員を雇用したりしたことをだいぶ恥じた。

 

・好きなことをして生きていく前に、何でもいいから自分で稼いでいける力をつける→そこが一段落したら好きなことに自分の稼げる能力を全力投下する→自分じゃなくていい部分は外注か自動化する。

 

・お金についての勉強やインターネットビジネスの勉強は早くやるに越したことはないと痛感。

 

・自分の子には、中学生くらいから少しずつマネーリテラシーを学ばせたい。

そして自分で考える力を身につけさせたい。

高校生くらいになったら一緒にちっちゃくビジネスの実践をしようと思います。

大学生や社会に出るころに変な情報に惑わされないように一緒に学んでいきたいです。

 

学んだこと

優先順序を間違えない

本当に苦しい時に、どうやったらお金を借りられるか、どうやったら今月の支払いを乗り切れるかということばかり毎日毎日朝も昼も夜も一日中考えていました。

でも今になって思うのは、自分で仕事をしていて一番先に考えるべきことは「売り上げを上げるには」です。

もちろん自分の専門分野のこと、よい商品やサービスを生み出すことはずっとずっと考えなくてはいけません。でもそれよりももっと大切なのはいかに自分を知ってもらって興味を持ってもらって商品やサービスを購入して頂くか、そのあとリピートして購入して頂くか、です。

 

好きなことを仕事にすると「好きなことで生きさせて頂いているから、お金をもらわなくてもいいや、少なくてもいいや。」「好きなことでお金をたくさん頂くなんて」「こちらから料金の提示なんてしづらい」という考えに陥りがちです。

でもそれは良くないと今でははっきり言えます。

 

お金や「仕事」に対しての意識が中途半端だと

そのサービスや商品がいかによくても、継続していくことは困難です。

ボランティアに対しても同じです。

継続できるように設計しなければ、意味がないのです。

 

特に店舗運営のような大きな挑戦をすると半年、一年も経たないうちに100万円、200万円なんてあっという間に溶けてなくなってしまいます。

 

そんなに大きな規模の話では無いにしても、

主婦の方でちょっと何かハンドメイドして売ろうかな、という方も、学生さんで家でアルバイト的なことをしたいとか勉強していることを活かしたいとか、そういう方にも同じことです。

 

最初はちょっとでもいい。

仕組を作って、それを重ねていく、ということを着実に行っていくことを心からおすすめします。

まとめ

これが私の泥沼の中足掻いた軌跡です。

 

結局オフラインのビジネスをするでも、インターネットを主体にしたビジネスをするでも、

「表面的な小手先のテクニック」やツールに頼るようなやり方では根本的な解決になりません。

ていうか私はそれでさえ使いこなすことができずに無駄金をさらに増やしてしまいました。苦笑

 

インターネットビジネスというと何か怪しいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実際怪しい人もいることはいますが、それはオフラインのビジネスでも同じ。

 

インターネットのよいところは、まずちっちゃくトライアルができること。

オフラインで戦うには、まず店舗や事務所を構えたり人を雇ったり…というリスクがついて回ります。

 

その大きなリスクを負う前に、

はたしてその事業がうまくいくのか、リサーチも集客もファンとのつながりも収益化だってすべてまずインターネットだけで完結することができるのです。

すでにやりたいことがあるならば、

まずインターネット上で試してみてからその先に展開できるか否かを現実的に検討することができます。

 

①固定費を削れるだけ削る

②パソコン、スマホ、通信費だけは真っ先に整える

③商品(オンラインで販売できるもの)を作る

④その他のキャッシュポイントを考える。アドセンス、note、アフィリエイト、など。

⑤ ③④へと人を集める

 

または

 

①固定費を削れるだけ削る

②パソコン、スマホ、通信費だけは真っ先に整える

③インターネットを使ってニーズをリサーチする

④ライバルをチェックする

⑤勝てるジャンルに参入する

⑥仕組化ができたらやりたいことに注力する

 

このいずれかが、

15年間もがきにもがきながら好きなことで生きてきた私がおすすめする方法です。

 

人生の最後の方に、この失敗が失敗ではなく「その先の成功のための勉強」になるようにしぶとく挑戦し続けようって思っています。

-お金, 仕事・副業
-, , , , , , ,

© 2021 人生挽回BLOG