仕事・副業

ダンススタジオの経営にかかる費用はいくら? 小資金で実現させた私の体験談

2019年4月14日

設備によって費用はピンキリ。お金が無い中で実現させた私の体験談

過去に経営した例

都内で過去に3店舗運営の経験があります。

1件はほぼ事務所使用、もう1件は業務委託店舗だったため、賃貸契約から行った残りの1件を例に挙げます。

 

 

事務所・オフィス用物件 都内・12坪

家賃12万円

初期費用約40万円

鏡施工・窓2重サッシに変更(防音効果)・床の張替え(カーペットからフローリングへ)トータル約200万円

失敗談

開業後思うように集客ができず、2~3ヶ月くらいの期間ほぼ赤字垂れ流し運営に。

その後ネットマーケティングを学んだことで革新的な意識改革が!!

それまでさんざん愚かな失敗を繰り返してきたことにおもわず涙…もしていられないので、

これからは絶対「いくら資金があってもいきなり店舗は構えない!!」と強く心に決めました。

ダンス・音楽系のスタジオやレンタルスタジオは周囲の環境に注意

ダンス教室として開業することはビルのオーナーさん、不動産屋、下の階の事業者に事前に許可を頂いていたものの、実際お借りしてみたら騒音の苦情が続出!

➡やむなく撤退…。

今だったらどう始める?

まずマーケティング。

ニーズ、競合をネットで調べてまずサイトを立ち上げる。

SNSで集客➡ブログマネタイズ➡ファン化➡メルマガ

の順番で、まずインターネット上でマネタイズします。

 

その後どうしても店舗を構える必要があれば店舗運営、ですね。

まとめ

若いうちは「店舗を構えているというステータス」にグッと心惹かれやすいのですが(少なくとも私はそうだった)、

焦る気持ちを押さえて、他からチャンスが降ってわいてきたように見えても

まずネット上で一人で事業を完結させるための仕組を作ることを優先させた方がいいです。

 

その後、その収益を使っていくらでも店舗運営したらいい。

見た目の派手さに惑わされないことが大事です。

 

-仕事・副業
-, , , , , , , , ,

© 2021 人生挽回BLOG