【今日は何の日】2020年7月20日は海の日…ではなかった! その理由

暮らし・時事

【今日は何の日】2020年7月20日は海の日…ではなかった! その理由

【今日は何の日】2020年7月20日は海の日…ではなかった! その理由

毎年7月の第3月曜日は「海の日です」。

そうなの! 今日なんです!!

「えー! 私カレンダー見間違えた!?」と思って見返すも、日付の文字は黒色。。。

 

そう。

今日は祝日ではありません。

 

本日はこのことについてまとめてみました。

2020年(令和2年)の海の日はいつ?

結論から言うと、今年2020年の海の日は「7月23日(木・祝)」です。

ちゃんと文字赤くなっとるーーーー!!!

2020年の海の日が7/20ではない理由

どうして今年は海の日が第3月曜日ではなく木曜日に移動してしまったのでしょうか? そのわけは…

東京五輪のスケジュールに合わせていたからです。

オリンピックの開会式・閉会式に合わせて変更になった祝日は以下です。

・「海の日」通常7月の第3月曜日 7/20月→7/23木 (東京五輪開会式前日の予定だった)

・「スポーツの日」通常10月の第2月曜日 10/12月→7/24金(開会式当日予定だった)

・「山の日」は通常8月11日 8/11火→8/10月(閉会式翌日だった)

元々ハッピー・マンデー制度で移動した上にさらに変更になっているのでもはや「日付」の意味はなくなっているような…? という心配はさておき、

コロナウイルスの影響でオリンピックが延期になった今、祝日だけが変更されたまま残った形になります。

このご時世ですからなかなか連休はレジャーだ!! 旅行だ!! ということにはいきませんが、

7/23, 24, 25, 26

8/8, 9, 10

は一応お休みにはなりますので、楽しい余暇を過ごせるといいですね。

2021年の祝日はどうなる?

またこの影響により、来年2021年(令和3年)の祝日も通常の日程から移動が確定しています。

今年と同様に

「海の日」=7/22木 (五輪開会式前日)

「スポーツの日」= 7/23金 (オリンピック開会式当日)

「山の日」= 8/8日(オリンピック閉会式当日)

となります。

来年もスケジュールの確認には気を付けましょう。

海の日の元々の意味・由来・理由

そもそも「海の日」自体どういった理由で制定されたのかを日本記念日協会のウェブサイトで調べてみると、このようなことが書かれています。

1876年(明治9年)の7月20日、明治天皇が東北巡行を終え、船で横浜に着いたことから設けられた「海の記念日」。その後、1996年(平成8年)に「海の日」として国民の祝日になるが、2003年(平成15年)からは祝日法の改正により7月の第3月曜日となっている。「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」がその趣旨。引用: 日本記念日協会

今年は海水浴を楽しむことも難しいですが、せっかくの海の日、環境保全や海の恵みについて改めて考える日にしたいところですね。

-暮らし・時事

© 2021 人生挽回BLOG