【母親・義母へのプレゼント】母の日にもらうと嬉しいカーネーション以外のお花は?

人間関係

【母親・義母へのプレゼント】母の日にもらうと嬉しいカーネーション以外のお花は?

2020年4月30日

2022年も母の日が近づいてきました。今年は5月8日の日曜日。

母の日と言えば「カーネーション」ですが、毎回カーネーションだからたまにはちがうお花をメインの花束を贈りたいなと思うこともありますよね。

今回はそんな方に、カーネーション以外でもらって嬉しいお花についておすすめをピックアップしました。

 

胡蝶蘭・洋ラン

洋ランには様々な種類がありますが、すぐに思い浮かぶのはカトレアや胡蝶蘭のような大ぶりで派手な印象のものが多いですね。

かしこまったお祝いのお席でもよく贈り物に選ばれます。

 

とても豪華で頂くとものすごく嬉しいけれど、とても恐縮してしまうのが胡蝶蘭。

お値段も納得のお高さ。。。

 

でも、このようなこぢんまりとしたものであれば贈る方も贈られる方も気を遣いません。

さりげない心遣いがいいですね。

コチョウランの花言葉は「幸福が飛んでくる」を意味します。

 

中でも白のものは「純粋」「清純」

ピンクは「あなたを愛します」

 

という花言葉を持つようです。

 

バラ

いつどんな時でも頂くと嬉しい「薔薇」。

豪華な花束もうっとりしますが、個人的には1輪だけ頂くのもおしゃれですてきです。

 

薔薇をベースに他のお花とアレンジして頂くのもいいですね。

バラの花ことばは贈る本数や色によってたくさんの意味があります。

1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」

■2本 「この世界は二人だけ」

■3本 「愛しています」「告白」

引用: https://www.weddingpark.net/magazine/2221/

 

意味を考えすぎると難しくなってしまいますね…

大切な関係の方からの贈り物であれば、正直何本でも、何色でも嬉しいものですよね。

 

アジサイ

梅雨の時期に見ごろを迎えるアジサイ。

ちょうど母の日の頃開花時期を迎えるので贈り物としても選びやすいですね。

 

あじさいの花言葉は、移り変わる花の色から「移り気」などと言われることもあり、ちょっとプレゼントするのに迷うかもしれません。

でもまた別の説としてお花の色によって花言葉が変わるとされています。

青=辛抱強い愛情

ピンク=元気な女性

白=寛容

 

どれも「おかあさん」の印象にピッタリですね。

 

ただ、鉢植えやプリザーブドフラワーは人によってあまり好まれない方もいらっしゃるのでプレゼントする際には注意が必要です。

 

アマリリス

【母親・義母へのプレゼント】母の日にもらうと嬉しいカーネーション以外のお花は?

アマリリスもまたこの季節が旬のお花としておすすめです。

花言葉は「誇り」「輝くばかりの美しさ」

 

その他の5月が旬のお花

5月頃が旬のお花はこれら以外に以下のようなものがあります。

 

・あやめ (アイリス) = 花言葉: 「よい便り」

・ユリ = 花言葉: 白百合は「純潔」「威厳」、ピンクは「虚栄心」、オレンジは「華麗」

・ラベンダー = 花言葉: 「沈黙」英語では「献身的な愛」という意味も。

・トルコキキョウ = 花言葉: 「優美」「清々しい美しさ」

・ハイビスカス = 花言葉: 「繊細な美」「新しい恋」、赤の場合「勇敢」、白は「艶美」

・ゆず = 花言葉:「健康美」「汚れなき人」

 

これらもとってもおすすめです。

 

旬のものを贈るというのは贈られる側にとってもとても嬉しいものです。

お母さまやお義母様と楽しい母の日をお過ごしくださいね!

-人間関係
-,

© 2022 人生挽回BLOG